ペットの状態を把握する|通販で購入するとお得!ペット用品を上手く購入する方法
犬と猫

ペットの状態を把握する

動物病院

体臭がいつもと違う場合

飼い犬の体臭がいつもと違って、不快なにおいがする場合は注意が必要です。そのにおいが体全体から漂ってくる場合は、皮膚の病気である可能性が高いです。たとえば、脂漏症と言う病気は、分泌された脂が空気によって酸化して悪臭を放ちます。膿皮症の場合は、腐敗臭がします。飼い犬の体がくさいと感じたら、まず皮膚の状態をチェックしましょう。そして、脱毛などを見つけたら、すぐに動物病院に連れていくことです。ちなみに、最近の動物病院はサービスを充実させています。病気を治療するだけではありません。送迎サービスやしつけなどを行う動物病院も増えています。飼い主にとっては喜ばしい限りでしょう。心強い味方と言っても過言ではありません。

しつけ教室で

愛犬からの病気のサインに気づくには、愛犬の健康な状態を把握しておくことが大切です。普段の平熱や脈拍、呼吸数や体重を知っておきましょう。これが分かっていれば、異常に気づきやすくなります。大型犬の熱をはかるときは、怖がって暴れることもあるので工夫をしましょう。2人1組で行うことです。1人が抱きながら押さえ、もう一人が体温計をさし込むようにしましょう。抱いて押さえるときは、大丈夫と声をかけて安心させることが重要です。熱や脈のはかり方、薬の飲ませ方などは、しつけ教室でも教えてくれます。よく分からないと言う人は、しつけ教室に参加するのもひとつの方法でしょう。最近のしつけ教室のサービスはかなり向上しており、利用価値は高いです。