ペットにも骨壺がある時代|通販で購入するとお得!ペット用品を上手く購入する方法
犬と猫

ペットにも骨壺がある時代

墓

家族としての思いが示せる

ペットが亡くなった時は火葬や埋葬だけで天へ送ることが一般的でしたが、現代はペット供養が人気を博しています。霊園選びや骨壺に収めるなど人間が亡くなった時と同じようなサービスが用意されていて、ただのペットとしての扱いではなく家族としての思いが込めやすいことから利用者が多いようです。霊園では集団埋葬もありますが、一匹一匹のお墓を用意することも可能です。骨壺には遺骨の他に爪や被毛を納め、生きた証拠を残しておくことができます。骨壺のデザインはシンプルながらもオシャレな感じがあるタイプが多く、大きさは置き場所をとらないミニタイプです。遺骨などを納めるアイテムには骨壺の他に遺骨アクセサリーというものがあり、遺骨アクセサリーを外出時に身に付けることで一緒にお出かけしている感覚を心に持っている方もいます。

移動が不便な場合は火葬車

日本はペットを飼っている人が多い為、ペット供養サービスも充実しています。亡くなった時には火葬場に持っていく必要がありますが、その手間を省くために火葬車という移動式の火葬場を用意しているペット供養会社が存在します。火葬車は、ペットの大きさが大きい場合や移動手段がない方・火葬場が行ける範囲にない方におすすめです。年中無休で24時間営業しているペット供養会社もあるので、夜中や早朝に亡くなっても供養や火葬を行えます。遺体は放置せずに出来るだけ早く火葬する必要があります。夏場は特にタイムリミットがありますが、暑くない時期でも早めに供養することが愛情です。予約の関係で言ってすぐに行えない時もありますが、時間は人間ほど要しないのでその日の内に行えます。今まで一緒に生きてくれてありがとうという気持ちを示すために、ペット供養を検討してみると良いと思います。